ショートスリーパー

【ショートスリーパーへ近づいた】〜短眠日記4週目〜

こんにちは。マークと申します。

3時間睡眠のショートスリーパーを目指して短眠生活に挑戦しています。

短眠生活を開始してから59日、短眠日記をつけ始めてから4週間が経過しました。

今回も睡眠時間や生活の記録、また、その中での気づきを記録していきたいと思います。

22日目


・本眠

0:30〜5:30 5時間

・パワーナップ

18:42〜18:47 5分

計5時間5分

・体重 52.6キロ

・筋トレ テニス

・食事内容

朝 プロテイン、卵かけご飯

昼 釜揚げうどん

夜 白米、鶏の胸肉、酢豚


 

起きるために訓練をした。1分のタイマーをセットしてから寝る。そしてタイマーが鳴ったらすぐに起きて消す。またタイマーをセットする。これを繰り返す。

この影響か、目覚ましが鳴ってからすぐに立つことができた。割と効果があるかもしれない。

反省点は寝落ちしてしまったこと。

23日目


・本眠

0:00〜5:30 5時間30分

・パワーナップ

22:30〜22:45 15分

計5時間45分

・体重 51.8キロ

・筋トレ 胸、尻

・食事内容

朝 プロテイン、コーヒー、ヨーグルト

昼 納豆、プロテイン、菓子パン

夜 白米、鶏の胸肉、グラタン


 

毎度のように22時に眠くなる。やはり習慣性による眠気が大きいと考えられる。22時には24時間営業のファミレスに行くか、筋トレに行こうと思います。

寝落ちからの寝起きで1日がスタートした。そろそろ寝落ちは無くしたい。

24日目


・本眠

2:20〜5:30 3時間10分

・パワーナップ

10:23〜10:33 10分

計3時間20分

・体重 52.0キロ

・筋トレ 腹筋

・食事内容

朝 プロテイン、コーヒー、レーズンパン2個

昼 モス野菜バーガー、ポテト

夜 ラーメン


 

夜眠くなったタイミングで、一瞬だけ強度の高い運動(全力ジャンプ30回)をしたらどうなるのか実験してみた。

目が覚めたような気がしたが、急激な体温変化?が原因かわからないが、より眠気が強くなってしまった。交感神経が優位になると思ったが、時間が短かったかもしれない。

25日目


・本眠

0:30〜5:30 5時間

・パワーナップ

7:55〜8:05 10分

15:00〜15:05 5分

22:10〜22:25 15分

計5時間30分

・体重 52.6キロ

・筋トレ ベンチプレス

・食事内容

朝 プロテイン、フルーツグラノーラ

昼 白米、ハンバーグ、鶏の胸肉

夜 白米、照り焼きチキン、生ハム


 

作業していると22時に眠くなるのだが、リフレッシュの意味でのパワーナップをとった。眠気の除去というよりは集中力の継続のためですね。

しかし、この時間帯にパワーナップをとることで、22時に眠くなる習慣が強くなりそうなので、なるべく控えたいとは思っています。

26日目


・本眠

2:21〜5:02 2時間41分

・パワーナップ

8:50〜9:00 10分

計2時間51分

・体重 52.8キロ

・筋トレ 休み

・食事内容

朝 プロテイン、コーヒー、スティックパン、ヨーグルト

昼 うどん、サラダチキン、梅干し

夜 カツ丼、豚汁


 

だいぶ短い睡眠時間で活動できたのだが、体に力が入らない感覚に陥った。脳みそは起きているのに、体に力が入りずらかった。慣れも必要ですね。

最近は鶏の胸肉を摂取している。短時間睡眠でも活動できるのは、イミダペプチドの効果もあるのでは?

27日目


・本眠

2:36〜5:27 2時間49分

・パワーナップ

8:30〜8:40 10分

計2時間59分

・体重 53.2キロ

・筋トレ 脚

・食事内容

朝 プロテイン、コーヒー

昼 卵かけご飯、納豆、プロテイン

夜 鶏の胸肉、ハンバーグ弁当


5時30分に目覚ましをかけているのにも関わらず、自然に起きることができるようになってきている。成長ですね。

また、自分で目覚めた時はやはり、眠気が残りにくい。

鶏の胸肉(イミダペプチド)も継続的に摂取できている。最低2週間は継続していきます。

体重も増えてきたので非常に嬉しい。短時間睡眠だと栄養の吸収率が上がる。

睡眠のアプリを挿入したみた。正確性についてはわからないが、睡眠時間を測定しやすい。「スリープマイスター」というアプリです。

28日目


・本眠

0:50〜5:30 4時間40分

・パワーナップ

7:45〜8:05 20分

22:30〜22:45 15分

計5時間15分

・体重 52.5キロ

・筋トレ 肩

・食事内容

朝 鶏の胸肉、コーヒー

昼 照り焼きチキンバーガー、ポテト

夜 白米、さんま、味噌汁


短時間睡眠の日が少なかったから、寝落ちからのスタート。防ぎたかった。

また、寝落ちから目覚めたからか、普段よりも朝の眠気が強かった。入眠の準備の重要性を痛感しました。ストレッチは必須。

集計

・平均睡眠時間 4時間19分(259分)

・体調 特に問題なし

・体重 若干の増量に成功

 

1週間に渡り1度も6時間寝ない生活を達成した。やはり、22時ごろに寝落ちしてしまわないことが鍵だった。

しかし、やはり寝落ちはあるし、睡眠時間にも波がある。徐々に小さくしていこう。

今週の気づき

・鶏の胸肉の摂取を継続することは疲労を溜めないためにも大切

・寝落ちするのと、ストレッチをして入眠の準備をするのとでは朝の疲労感が大違い

・睡眠時間が少ない生活にも徐々に慣れていける

・眠いからといって短時間の強度の高い運動では目が覚めない。体温変化により逆に眠くなる

次の1週間では、

・寝落ちをなくす

・睡眠時間のブレを少なくする

・実験をする

ことを意識していきたい。

【4.5時間睡眠が定着!?】〜短眠日記5週目〜こんにちは。マークと申します。 3時間睡眠のショートスリーパーを目指して短眠生活に挑戦しています。 短眠生活を開始してから6...