ショートスリーパー

【短眠だと目がショボショボして眠い!】眠気の対策はこの4つでOK

「長時間活動していると目が疲れるな・・・」

「目が疲れてしまうと、どうしても眠くなってしまう。なんとかしなければ。」

あなたはこのような悩みをお持ちではありませんか?

 

目の疲れは眠気に直結します。

目が疲れないように工夫して生活することは、長時間活動を続けるためにはとても大事なのです。

僕も短眠生活を続けていて、目が疲れたなぁという状態から寝落ちしてしまう危険性を強く実感しました。

長時間に渡って活発に活動するためには、目に疲れを溜めてはいけないということを体感したのです。

あなたがこの記事を読めば、

今までよりも眼精疲労によって眠気が発生する回数が減ることでしょう。

今回は、僕がオススメする眼精疲労対策を4つご紹介します。

目のショボショボは眠気を誘う

マーク
マーク
目がショボショボすると眠くなってしまう・・・
短眠チワプー
短眠チワプー
目の疲れは厄介なんだ・・・

目が疲れるとつぶりたくなる(眠い状態)

目が疲れてショボショボしてくると、眠くなってしまいますよね。

むしろ、

「眠ることによって目の回復をしよう」

このような発想になるのではないでしょうか。

目が疲れると、どうしても目をつぶりたくなってしまいます。

しかし、人間は活動中は常に目を開けた状態です。

徐々に疲労してくるのは仕方のないことです。

活動時間が長い短眠生活に眼精疲労はつきもの

活動時間が長ければな長いほど、眼精疲労も溜まってきます。

従って、

長時間に渡って活発に活動していたいなら、いかに眼精疲労を溜めないかが勝負です。

僕はショートスリーパーとして生活できるようになることを目指しています。

そして、短眠生活に挑戦して約80日が経過しました。

睡眠時間を短くする(活動時間を長くする)と、日中に、

「目がショボショボするなぁ・・・」

「目の周りがなんか重いなぁ・・・」

こう感じることが多々あります。

「もっと活動したいのに・・・目が疲れが邪魔をしてくる・・・」

こんな悩みがあなたにもあるのではないでしょうか。

活動レベルをキープするためには、”目の疲れをいかに溜めないか”はものすごく重要なのです。

目の筋肉を使って眼精疲労を回避

マーク
マーク
目の筋肉を使うってどういうこと?
短眠チワプー
短眠チワプー
簡単だよ。目を動かすだけでいいんだ。

長時間の活動で目の周りの筋肉は凝り固まる

長時間活動を続けていると、どうしても目の周りの筋肉は凝り固まってしまいます。

特に日常生活で目が疲れるのは次のような場合です。

・パソコンやスマホの画面を長時間眺める

・読書をする

上記のような場面で、

「目が疲れたなぁ」「眠いなぁ」

と感じることは多いのではないでしょうか。

目を動かさないでいると、目の周りの筋肉は凝り固まってしまうのです。

これでは眼精疲労が溜まって、眠くなってしまいますね。

では、どうやって解消すれば良いのでしょう。

目は動かせば疲れにくい

マーク
マーク
単語だけ見ると矛盾しているように思えるな・・・
短眠チワプー
短眠チワプー
じゃあ、球技をしている時を想像してみてよ。

球技中はボールを目で絶えず追いかける必要がありますよね。

卓球の高速ラリーを目で追うなどは例外として、あなたには球技中に目が疲れた経験がありますか?

「そういえばないなぁ」という方が多いのではないでしょうか。

極端な動かしすぎの場合を除いて、目は運動させたほうが疲れにくいのです。

目の運動で疲れを解消だ【たった1分】

実際に、僕が目の疲れを解消する時に取り入れている運動を紹介します。

1.両手の人差し指を写真のように前後に並べます。

2.前後の人差し指の先に交互に焦点を当てます。

3.いかに高速で焦点を切り替えれるかチャレンジします。

ものすごく目の運動になりますよ。

30秒から60秒続けてください。

たった1分でできる超簡単な目の運動です。

その場の眼精疲労の解消だけでなく、視力のキープにも役立ちますよ。

パソコンでの作業中や読書の合間に取り入れてみてください!

目が疲れて眠い!そんな時は焦点を遠くに

マーク
マーク
スマホの文字を見続けていると目が疲れてしまうよ・・・
短眠チワプー
短眠チワプー
人間は近くのものを見ていると目が疲れてしまうんだよね。

眼精疲労の原因は近いものの見すぎ

「目が疲れたなぁ」と感じる時は、いつも焦点が近い状態ではありませんか?

遠くの山を眺めていて、目が疲れることはないですよね。

なのに、近くにある文字を読んでいるを目が疲れてしまう。

不思議ではありませんか?

目の焦点が近くにあっていると疲れる

目の焦点が遠くにあっていると疲れない

この違いを解説していきます。

焦点が近いと疲れる理由は人間の本能との矛盾

交感神経が優位な時=遠くに焦点を合わせる

副交感神経が優位な時=近くに焦点を合わせる

これが人間(動物)の本能なのです。

人間が覚醒している日中には、交感神経が優位になります。

外敵や獲物を探すために、人間は本来なら遠くに焦点を合わせる必要があります。

近くに目の焦点を合わせるのは、自分の住処で食事をする時や眠る前くらいです。

(食事をすると副交感神経が優位になり眠くなりますね。)

しかし現代は、交感神経が優位な日中にパソコンやスマホを注視する機会が増えてしまっています。

つまり、

交感神経が優位な日中に、近くに目の焦点を合わせるという行為は、人間の本能と矛盾しているのです。

この矛盾した状態が、目の疲れを発生させます。

つまり、近いものを見ている時に、目が疲れて眠くなるのです。

たまに遠くを見ると目にいい

というのは、上記のような背景があるわけです。

 

乾燥は目のショボショボの原因

マーク
マーク
目の乾燥?別に我慢できるよ。普段からそうしてるし。
短眠チワプー
短眠チワプー
生活の質(QOL)を下げているかもよ。簡単に対策できるから試してみなよ。

目の乾燥を軽視することなかれ

あなたは目の乾燥を軽視していませんか?

あなたがドライアイの場合やコンタクトをつけている場合は、目の乾燥を必ずと言っていいほど経験していることでしょう。

目の乾燥は、ショボショボ(目の疲れ)に直結します。

「そんなこと分かっとるわ!」

という方が多いにも関わらず、対策していないことが多いのです。

日頃から簡単にできる対策は以下の2つです。

・目薬をする

・マスクをする

 

目薬を使用

目の乾燥には目薬を使うのが、シンプルであり、ベストです。

あなたは、

「目の乾燥にわざわざ目薬を使うのはもったいない」

と思うかもしれません。

しかし、目が疲れて活発に活動しきれないほうがもったいないです

目の疲れは活動のクオリティを落としてしまいます。

1日あたり数十円程度なので、ケチらず生活のクオリティを上げましょう。

 

マスクを着用

目の乾燥対策にマスクを使うのは意外かもしれません。

しかし、ものすごく有効です。

なぜなら、

呼吸によって発生する水蒸気が目を潤すからです。

マスクをつけて状態で呼吸をしていると、鼻の周りから水蒸気が抜けてきますよね。

眼鏡をかけている場合には、曇ってしまい厄介ですが。

裸眼やコンタクトをしている場合には、意外にも役立ちますよ。

紫外線で目が疲れる!サングラスはカッコつけじゃない

マーク
マーク
紫外線を浴びると疲れるんだ・・・。まあ、体には悪そうだとは思っていたけどね。
短眠チワプー
短眠チワプー
太陽光をずっと浴びていると活動していなくても疲れるよね。紫外線が強い夏は特に感じるはずだよ。

紫外線は疲労の原因に

紫外線を浴びることも疲労の原因になります。

目から紫外線が入ってしまうと、眼精疲労にもつながってしまうのです。

「なんだか染みる〜」

「目も焼けたのか!?」

炎天下で活動した後に目を閉じて、このように感じた経験はありませんか?

これは目も紫外線によって疲労している証拠です。

そんな目の疲労を感じている日には、体の疲れ+目の疲れで確実に眠くなってしまいますね。

直射日光だけでなく、跳ね返りによっても紫外線は目に入ってきます。

日陰にいるから安心というわけではないのです。

サングラスで余計な紫外線はカットしよう

紫外線による眼精疲労を軽減するには、サングラスの着用がオススメです。

(安物は微妙です。本当にUVカットしてくれているのか・・・)

夏の外出時にはサングラスをしている人を多く見かけます。

しかし、それ以外の場面でサングラスをしていると、

「カッコつけてるんじゃないの?」

と、周りの目が気になるかもしれません。

しかし、

日陰や季節外れのサングラス着用は、れっきとした眼精疲労の対策なのです!

恥ずかしがることはありません。

”眼精疲労”と”他人からの目”のどちらを気にしますか?

僕なら眼精疲労を軽減したいです。

知識のある人なら、サングラス着用の有用性を理解してくれます。

”サングラスをかけるのは失礼にあたる”という場面以外では、着用することをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、眼精疲労による眠気の対策を4つ紹介しました。

・目の筋肉を使って眼精疲労を回避する

・目が疲れた時には焦点を遠くに合わせる

・目薬やマスクを使って、目の乾燥を防ぐ

・サングラスで目から入る紫外線をカットする

この4点を意識することで、目の疲れから眠気が誘発されてしまうことが大きく減るでしょう。

短眠を実践するということは、長時間活動することを意味します。

長時間の活動には付きものである眼精疲労を克服することは、あなたにとってとても重要です。

目の運動や焦点を遠くに合わせることはとても簡単です。

できる対策から実践に移していきましょう。

【座ると滅びる】デスクワーク中の太もものだるさを取る4つの行動 ずーっと座りっぱなしだと、太ももの裏はだるいですよね。休憩したくなってしまい、一度休憩すると、もう座りたくなくなってしま...