ショートスリーパー

【心配ない】ショートスリーパーの成長ホルモン分泌が充分すぎる理由

「3時間睡眠のショートスリーパーになったら、成長ホルモンの恩恵が受けられないのではないか。」

「22〜2時が成長ホルモンのゴールデンタイムだと聞いたけど、ショートスリーパーになったらこの時間帯は寝てないのでは?成長ホルモンが分泌されなくならないの?」

 

あなたにはこんな疑問が頭をよぎったのではないですか?

成長ホルモンというと、子供の成長に関係するホルモンだというイメージは強いです。大人でも細胞の増殖、代謝を促進する役割があり、アンチエイジング効果があります。

そんな大切な成長ホルモンの恩恵を受けられないのは怖いですよね。

 

でも大丈夫です。一般的な睡眠時間の人の脳が分泌している成長ホルモンと3時間睡眠の人の成長ホルモンの分泌量は変わりありません。

 

それでは、3時間睡眠のショートスリーパーの成長ホルモンの分泌量が充分すぎる4つの理由をご紹介します。

 

22〜2時が成長ホルモン分泌のゴールデンタイムではない

 

世間では、

「成長ホルモンのゴールデンタイムは22時〜2時だから、その間に眠っていることが理想だ」

などと言われていますが、それはデマ(嘘)です。

なぜこのようなデマが広がってしまったのかは不明です。全く根拠がないことなのです。

 

理由を挙げるとすれば、次の2つが考えられます。

・入眠後の90分の時間帯と22時から2時の時間帯が重なる人が多かったから

(入眠後90分が大切な理由は後述しています)

・根拠はないと分かっていたが、睡眠の専門家が早く寝ることを促したかったから

 

「22時から2時が成長ホルモン分泌のゴールデンタイムではない」と認めているお医者さんも数多くいらっしゃいます。

 

残念ながら、成長ホルモン分泌のゴールデンタイムの話はただの都市伝説です。

「ショートスリーパーになったらこの時間帯に寝ることはできない、成長ホルモンが分泌されなくなってしまうのが怖いな」

と考えているのなら安心してください。全く問題ありません。

 

では、成長ホルモンはいつ分泌されているのでしょうか?

時間帯に関係なく入眠することで成長ホルモンは分泌される

 

成長ホルモンは入眠さえすれば分泌されます。

社会人のあなたなら、成長ホルモンが最も分泌されるタイミングは睡眠中です。(運動中にも多く分泌される)

入眠さえすれば時間帯に関係なく成長ホルモンが出ます。

 

それを証明する論文があります。

論文の詳細な内容はこちらのリンクからご覧いただけます。

睡眠関係ホルモンの計測

 

若い健康的な男性に次のような生活をさせた実験です。成長ホルモンの分泌と睡眠の関係を調べた研究です。

1日目の23時から2日目7時までは通常の夜間睡眠をとり,その後3日目11時まで28時間断眠した後、11時から19時まで回復睡眠をとった。(田ヶ谷浩邦教授 「睡眠関連ホルモンの計測」より引用)

 

こちらが結果の図です。

(田ヶ谷浩邦教授 「睡眠関連ホルモンの計測」より引用)

このグラフは成長ホルモンの分泌量と時間帯の関係を表しています。

 

グラフから見てわかるように、成長ホルモン分泌の最も大きな2つのピークは、

・1日目の23時から

・3日目の11時から

発生しています。

しかも、

最も大きなピークは成長ホルモン分泌のゴールデンタイムと言われている23時からではなく、昼の11時からの睡眠の時に出現しているのです。

 

実験の条件が日常生活とは少し異なりますが、睡眠の時間帯に関係なく成長ホルモンが分泌されるということはお分かりただけたでしょうか。

 

しかし、睡眠中ずっと成長ホルモンが分泌され続けるわけではありません。

この実験結果からもわかりますね。

 

では、いつピークを迎えるのでしょうか。

 

成長ホルモンの分泌のピークは入眠後の90分より前

 

成長ホルモン分泌のピークは入眠後90分前後に発生します。

成長ホルモン分泌のゴールデンタイムは22時から2時ではなく、入眠後の90分なのです。

 

実際に被引用数が1000を超える権威論文での研究結果を紹介します。

睡眠中の成長ホルモンの分泌を調べた権威論文

 

次のグラフは、27歳男性の睡眠周期と成長ホルモン(GROWTH HORMONE)の分泌量を計測した実験結果です。

Y.Takahashi et al. 「Growth hormone secretion during sleep」(1968) より引用

被験者の男性は22時ごろに入眠し、成長ホルモンのピークは23時10分〜20分に現れています。

この結果からは、

・入眠後70〜80分後に成長ホルモン分泌のピークがある

・成長ホルモン分泌のピークと最初のノンレム睡眠の最も深い状態と重なっている

ということが分かりますね。

成長ホルモンは睡眠中ずっと分泌され続けているわけではなのです。

 

また、20歳女性を対象とした結果も示されています。

Y.Takahashi et al. 「Growth hormone secretion during sleep」(1968) より引用

被験者の女性は22時10分ごろに入眠し、成長ホルモンのピークは23時前に現れています。

こちらの女性は、

・入眠後50分程度で成長ホルモンのピークが出現

・成長ホルモンのピークとノンレム睡眠の最も深い状態が重なってる

ことが見てうかがえます。

 

睡眠の状態は入眠前のストレスや睡眠環境によっても大きく左右されます。

従って、

「成長ホルモンのピークが入眠後の特定の時間で発生する」

という決まりがあるわけではありません。

 

しかし確実なのは、

入眠後90分以内に出現する最も深いノンレム睡眠の段階で、成長ホルモンが最も多く分泌される

ということです。

 

ショートスリーパーでも9割以上の充分な成長ホルモンをゲットできる

 

上で示したグラフを見ればわかるように、

睡眠時間は3時間でも9割以上の成長ホルモンがゲットできます。睡眠時間が2時間を超えてくると、ほとんど成長ホルモンは分泌されないのです。

 

示した実験結果を見てあなたは、

「えっ、じゃあ睡眠時間って実はそれほど必要ないのでは?」

と思いませんでしたか?

 

その通りです。

”睡眠中しか分泌されない”というホルモンはありません。また、睡眠中に分泌されると言われている代表格である成長ホルモンに関しても、睡眠時間が3時間あれば充分なのです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は、ショートスリーパーになっても成長ホルモンの分泌が充分な理由をご紹介しました。

 

この記事を読んで、

・22時から2時が成長ホルモン分泌のゴールデンタイムではない

・成長ホルモン分泌のためには、寝る時間帯は関係ない

・入眠して90分以内に成長ホルモン分泌のピークが出現する

・3時間寝れば、睡眠により分泌される成長ホルモンの9割がゲットできる

というポイントをわかっていただけたら幸いです。

 

是非とも参考にしてください。

 

【判明】3時間睡眠のショートスリーパーが短命ではない3つの根拠あなたはショートスリーパーが短命であるというイメージを持っていませんか?確か短時間睡眠=不健康=短命という偏見を持ちがちです。しかし、ショートスリーパーが短命ということは、科学的に証明されていそうで、実は違うのです。ショートスリーパー短命説を唱える論文には、どれもおかしな点が存在しています。従って、ショートスリーパーが短命だと言い切るのは違うのです。...