ショートスリーパー

【教えます】ショートスリーパーと不眠症の違いってなに!?

マーク
マーク
前から気になってたけど、ショートスリーパーと不眠症の違いってなに??
短眠チワプー
短眠チワプー

答えはあるんだけど・・・

どこかおかしいんだよね・・・

ショートスリーパーと不眠症の違いって難しいですよね。

「眠れなくて短時間睡眠で活動している人が今のところ生活に支障はない」

このような場合はショートスリーパーなのでしょうか。不眠症なのでしょうか。

この記事を読めば解決できます。

まずショートスリーパーとは

ショートスリーパーとは短時間の睡眠で活動できる人のことです。

一般的には、

6時間未満の睡眠で活動できる人のことを指します。

Wikipediaでも以下のような説明がされています。

ショートスリーパー(short sleeper)とは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいう。

一日の平均睡眠時間は7-8時間程度が健康的とされるが、6時間未満でも生活できる人間がいる。ナポレオンエジソンは4時間、フランツ・ヨーゼフ1世は3時間しか眠らなかったという説があるが、真偽のほどは不明である。立証されているショートスリーパーでは、日本の芸能人である武井壮は、2時間の睡眠が通常の人の12時間睡眠に匹敵する程のレム睡眠の少なさと言う特殊な体質の為、物心が付いてから4時間以上の睡眠を取ったことが無いと言うことが番組の検証で明らかとなっている。

Wikipediaより引用

 

また、ショートスリーパー以外にもバリュアブルスリーパー、ロングスリーパーというのも存在します。

詳細は以下の通り。

ショートスリーパー 睡眠時間・・・6時間以下
バリュアブルスリーパー 睡眠時間・・・6〜9時間
ロングスリーパー 睡眠時間・・・9時間以上

世の中の8割から9割の人がバリュアブルスリーパーに属していると言われています。

6時間未満の睡眠で生活している少数派の人がショートスリーパーなのです。

ショートスリーパー堀大輔さんの見解

ショートスリーパーで有名な人といったら堀大輔さんでしょう。

短眠チワプー
短眠チワプー
話したことあるんだよ〜

ショートスリーパー育成協会の代表理事も務められています。

ショートスリーパーの堀さんは1日30分の睡眠で生活できるそうです。

そんな堀大輔さんはショートスリーパーを以下のように定義しています。

・短時間睡眠で生活できる

・睡眠(眠気や睡眠時間)をコントロールできる

短時間睡眠で生活できるだけではないのです。

日中に発生する眠気や睡眠時間のコントロールができる睡眠のプロのことをショートスリーパーだと言っています。

つまり、堀大輔さんの定義するショートスリーパーは、

・眠気を起こさせない

・眠るタイミングでは眠気を発生させる

・短時間睡眠だけでなく長時間寝ることもできる

という能力が備わっているわけです。

自らの意思でコントロールできるわけですからね。

堀大輔さんは普段は30分以下の睡眠で生活しているのですが、8時間以上ぶっ続けで寝ることもできるそうです。

まさに睡眠のプロ。

 

僕は3ヶ月間の訓練を行いましたが、睡眠をコントロールはできませんでした。

睡眠時間を減らして生活はできていましたが。

ショートスリーパーと不眠症の違い

では、ショートスリーパーと不眠症の違いはなんなのでしょうか。

一般的な答えならば、あなたも容易に想像できるでしょう。

一般的な答え

ショートスリーパーと不眠症の違いは、

短時間睡眠で日中に苦痛を訴えるかどうかです。

短時間睡眠でも強い眠気に襲われないのがショートスリーパーです。

逆に、短時間睡眠で強い眠気や集中力の低下が起こるのが不眠症だと言われています。

世間の中では、ショートスリーパーと不眠症の違いはほとんどが日中の眠気があるかどうかだと考えられています。

ちなみにWikipediaでは以下のような説明がされています。

ICSDでは、提案段階の分類に、Short Sleeper(307.49-0)に分類されている。不満を訴えることはないと記載されている。

日中の苦痛がある場合に不眠症である。『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV-TR)の原発性不眠症の鑑別診断の項に、疲労や集中力の低下などの症状がない場合には、短時間睡眠者であり不眠症ではないとしている。その場合には、正常な短眠者である

Wikipediaから引用

一般的な答えの矛盾点が見える例

しかし、一般的な答えが正しいのならば不思議なことが起こってしまいます。

日中の活動の内容で眠気に襲われるかどうかが決まるからです。

どういうこと?って思いますよね。

 

以下のような場合はどうでしょうか。

例1)3時間睡眠の翌日に退屈なデスクワーク

この場合は眠くて眠くてたまりませんよね。

睡眠時間がたっぷり取れている日でさえ眠いでしょう。

睡眠時間がいきなり3時間に減ってしまったら、強烈な眠気と集中力の低下に襲われることは目に見えています。

 

例2)3時間睡眠の翌日に待ちに待ったデート

いかがでしょうか?

もしも初デートだったら・・・

緊張して3時間しか寝れないことも十分に考えられますよね。

でも楽しみで仕方ないイベント中に強烈な眠気に襲われるでしょうか?

日中はきっと眠くならないでしょうね^^

矛盾点

ショートスリーパーと不眠症の違いは

「短時間睡眠の場合に日中の苦痛を訴えるかどうか」

ですよね。

しかし、上の例1と2を見ていただければわかるように、同じ人でも、

活動の内容によって眠気などの苦痛が発生するかどうかが決まるのです。

翌日が楽しい1日ならショートスリーパー、退屈な1日なら不眠症。

こんなのおかしいですよね。

違いなんて考える必要はない

おそらくこの記事を読んでくださっているあなたは以下のような方ではないでしょうか。

・寝ようと思っても短時間しか眠れず目が覚めてしまう

・なかなか寝付けず、翌日に睡魔が襲ってくる

もしも、

短時間しか眠れていないが、生活に支障はない」という方は

全く気にすることはありません。

あなたは不眠症ではありません!

 

以下の記事を読んでもらえれば納得すると思います。

もしもあなたが

「日中に強い眠気に襲われてしまう!」

という場合は、眠気の対策を行う必要があります。

以下で説明していきます。

不眠症の対策

不眠症は辛いですよね。

夜に眠れないのは本当に辛いことです。

今回は日中の睡魔に上手く対処する方法を紹介します。

日中に長時間寝てしまわないことが、夜にしっかり眠れることにつながります。

眠気に関する注意点

眠気といえば簡単ですが、どんな場面で眠くなるかが重要です。

なぜならば、眠気には種類があるからです。

ショートスリーパーの堀大輔さんも、「眠気は23種類存在する」と言っています。

日常でよく遭遇する眠気の対処法を以下に示します。

眠気の種類を把握し、対策しましょう。

眠い場合でも、昼間は15分程度の仮眠でしのぎましょう。

昼間の長時間睡眠を回避することで、夜に眠気がやってくるようになってきますよ。

まとめ

いかがでしたか?

ショートスリーパーと不眠症の違いはわかりましたでしょうか?

2つの違いの認識は、

短時間睡眠の場合に、日中の睡魔が発生するかどうかで良いです。

しかし、

日中に眠気がなければ、全く問題ありません。

また、

日中に睡魔が発生するからといって心配する必要はありません!

睡魔の対策を行うことで、夜に睡魔を発生させやすくなります。

夜の対策は夜ではなく、日中に行いましょう。

【睡眠時間は気にするな】ショートスリーパーの寿命が短いかどうかこの記事を見つけて、読もうとしてくれているあなたの気持ちは以下の2つのどちらかだろうと思う。 1.「全然睡眠時間が取れていない...