ショートスリーパー

【一瞬で分かる!】レム睡眠とノンレム睡眠の違いは何?

「レム睡眠とノンレム睡眠ってよく聞くけれど、何それ?」

「なんで2種類あるの?役割はなんなの?」

あなたのこんな疑問にお答えします。

この記事を読めば、レム睡眠とノンレム睡眠が何なのか、どんな役割を果たすのかまで理解できます。

他の人よりも知識が多くなること間違いなしです。

深く説明すると難しい話になってしまうので、なるべく簡単にレム睡眠とノンレム睡眠の違いを説明しますね。

レム睡眠とノンレム睡眠の名前の由来

レム(REM)睡眠・・・急速眼球運動(Rapid eye movement)をする睡眠

ノンレム(non-REM)睡眠・・・急速眼球運動をしない睡眠

 

レム睡眠の名前の由来は、急速眼球運動の英語の頭文字をとったものです。

また、急速眼球運動とは黒目がキョロキョロと動くことです。レム睡眠の特徴として、気づかない間に黒目が変則的な動きをしていることが挙げられます。

一方でノンレム睡眠は、黒目が動かない睡眠という意味です。

 

 

名前の由来は眼球が動いているかどうかの違いだけです。

それほど名前に深い意味はありません。

 

レム睡眠の特徴

レム睡眠の特徴として、眼球がキョロキョロと動く以外のこともいくつか挙げられます。

・筋肉を緩ませる

・脳は活発に動いている

・脳の中でも小脳(運動を司る)、前頭前野(メタ認知を司る)以外は覚醒時よりも活発に動いている

 

脳は活発に動いているが故に起こる例があります。

それが”金縛り”です。

体は筋肉が弛緩しているため動かないのですが、脳は活発に動いているため起こる現象です。「意識はあるのに体が動かせない」というのが特徴ですね。

 

ノンレム睡眠の特徴

ノンレム睡眠の特徴は以下の通りです。

・脳が刺激に対する受容感度を落としている

・脳波は緩やか

・寝返りをうつことは可能

大脳の機能が停止し、記憶もない状態なのでイメージしづらいでしょう。

 

一言でいうと、

脳の機能が停止しているのです。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の違いはステージ(段階)があるかどうか

レム睡眠に区別はないのですが、

ノンレム睡眠には4段階(ステージ)があります。

レム睡眠とノンレム睡眠の違いとして、ステージがあるかどうかということも挙げられます。

 

入眠してやってくる順番は、

⇨レム睡眠

⇨ノンレム睡眠(ステージ1)

⇨ノンレム睡眠(ステージ2)

⇨ノンレム睡眠(ステージ3)

⇨ノンレム睡眠(ステージ4)

となっています。

ノンレム睡眠だけは、寝ている時の脳波により4段階に分けられているのです。

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠に対する偏見

 

このステージが進行する順番の関係から、世の中で一般的には、

レム睡眠=浅い睡眠

ノンレム睡眠=深い睡眠

と表現されています。

 

しかし、

「レム睡眠は浅いから重要度が低い」

「深い睡眠であるノンレム睡眠の方が大事だ」

などということは決してありません。

 

この2種類の睡眠はそれぞれに役割があり、必ずセットになるものです。

レム睡眠とノンレム睡眠はどちらもなくてはならない存在なのです。

 

それぞれの役割を、レム睡眠とノンレム睡眠の起源から紐解いていきましょう。

 

レム睡眠とノンレム睡眠で違う!その起源と役割

睡眠は本来、エネルギーセーブの役割があります。

活動に不利な時間である夜は、ほとんどの生物が眠りについてしまいます。活動に不利な時間を上手く乗り切り、日中に活動できるようにするために、睡眠は非常に大切なものです。

しかし、エネルギーセーブの方法は古代生物と人間とでは大きく異なります。

その進化の結果、2種類の睡眠が生まれることになったのです。

 

レム睡眠は古くから存在する睡眠

レム睡眠は古代の生物から伝わる睡眠です。魚類、両生類、爬虫類の睡眠はレム睡眠のみで構成されています。

レム睡眠は筋肉を緩め、体を動かないようにさせます。

 

従って、変温動物(体温が変化する動物)である生物は、

⇨運動停止

⇨体温低下

⇨エネルギーセーブ

ということが可能です。

体を動かさなければ、熱は生まれず、体温を落とし、エネルギーセーブできるからです。

 

ノンレム睡眠は新しく生まれた

ノンレム睡眠は大脳の機能を停止するために生まれた

 

古代の生物は体温が変化していました。

しかし、新しく生まれた鳥類と哺乳類は恒温動物であるため、体温は生きている限り、ほぼ一定に保たれています。

恒温動物は体温を一定に保つために、発達した大脳を使っているのです。よって、エネルギーセーブをするために体温を落とそうと思ったら、大脳の働きを停止させる必要があります。

そこで新しく生まれたのが、ノンレム睡眠なのです。

ノンレム睡眠のおかげで、人間は睡眠中に体温を下げエネルギーセーブできているのです。

 

レム睡眠の役割が追加された

あなたは、

「では、人間にとってレム睡眠はいらないのでは?ノンレム睡眠があればいいじゃん」

と思われたかもしれません。

しかし、

人間のレム睡眠には、覚醒状態とノンレム睡眠の橋渡しの役割があるのです。

人間は大脳の活動が停止しているノンレム睡眠から目覚めると、強いだるさや不快感に襲われてしまいます。

あなたにも、「起きた直後に頭痛や強いだるさを感じた」という経験があるのではないでしょうか?

これは、ノンレム睡眠の状態から起きてしまったことが原因の場合が多いです。

 

このようにノンレム睡眠の状態から目覚めると、スムーズに活動を開始できません。

まず、脳の活動を活発化させてから目覚めるというステップを踏むために、レム睡眠から目覚める必要があるのです。

 

その意味では、レム睡眠には、

体を休めるだけでなく、脳の活動を活発化させる役割もある

と言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

レム睡眠とノンレム睡眠について理解していただけたでしょうか?

今回は、

・レム睡眠とノンレム睡眠の名前の由来

・ノンレム睡眠には段階(ステージ)がある話

・レム睡眠とノンレム睡眠の起源と役割

について簡単に説明しました。

 

レム睡眠とノンレム睡眠の役割が分かれば、どちらも非常に大切な役割をする2個で1セットの存在だということが理解できるはずです。

 

世の中では、「深い睡眠が大事だ」と言われすぎていて、本来の役割を知らずに信じ込んでいる人が多すぎます。

 

これであなたも、

「浅い」、「深い」ではなくどちらも大切だということが理解できましたね。

 

あなたがレム睡眠とノンレム睡眠についての正しい知識をつけていただけたら幸いです。