ショートスリーパー

【アルコールは要注意!】飲酒が睡眠に与える影響を徹底解説

毎晩お酒を飲んで寝ることが習慣だけれど、睡眠に何か影響があるのかな・・?

飲酒をするとスムーズに眠れるんだけど、体に悪いの?

あなたのこんな疑問を解消します。

 

仕事終わりの晩酌は1日の最後のリラックスタイムですよね。

「あ〜、今日も頑張ったな」

そんな最高な気持ちかもしれません。

その晩酌は適度であれば良い効果があります。

しかし、”飲み過ぎは注意”です。

睡眠前のアルコールの過剰摂取はデメリットなることが非常に多いのです。

あなたが毎日、晩酌をしてから眠るという場合にはぜひ読んでいただきたいです。

この記事を読めば、入眠前のアルコールのメリットとデメリットがはっきりと理解できるようになります。

それでは、飲酒が睡眠に与える影響を解説していきます。

睡眠前のアルコールのメリット

睡眠前のアルコールと聞くと、

「どうせ身体に悪いんでしょ・・・」

と思うかもしれませんが、メリットもちゃんとあるのです。

デメリットが100パーセントだったら、晩酌をする人は減ってしまうでしょうね。

リラックス効果がある

飲酒をして酔うことにはリラックス効果があります。

毎日のように仕事の疲れを晩酌で癒すという人がいるというほど、人によってはリラックス効果になり得るのです。

毎日の楽しみとして位置づけられることで、ストレス解消にも繋がります。

お酒が好きな人にとってはたまらない時間になるでしょうね。

僕も何か頑張った日のご褒美として、軽くお酒を飲みたくなることがあります。

何も考えず、軽くお酒を飲んでふわふわっとした感覚に浸るのがとても気持ちいいですよね。

お酒による悪影響を感じていないのであれば、続けていくべき習慣であることは間違いないです。

入眠がスムーズに

アルコール摂取には説明した通り、リラックス効果があるため、

入眠もスムーズになりやすいです

もちろんアルコールによる眠気が来るか来ないかは、体質の問題もあるため、個人差があります。

しかし、中には睡眠薬の代わりにアルコールを摂取して眠りにつく人もいるほどです。

晩酌をする理由として、楽しむためだけではなく、そのままスムーズに寝付けるからという人も多いのではないでしょうか。

あなたが

「飲み会でお酒を飲むとすぐに眠くなってしまう」

という体質の持ち主ならば、

寝付けない時には”少量の”アルコールを摂取することが有効です。

何事も”適度”であるということが大切です。

アルコールの摂取量も同じです。

以下では、アルコールが睡眠に与える悪影響について解説していきます。

睡眠前のアルコールのデメリット

睡眠前のアルコール摂取の影響として挙げられることとして多いのが、やはりデメリットです。

多量のアルコール摂取は、

・睡眠不足の症状が出る

・日中の集中力の低下

など、様々な影響を与えかねません。

デメリット関しては特に注意しなければなりません。

以下ではアルコールの過剰摂取による、体の変化をご紹介します。

睡眠の周期が崩れる

多量のアルコールは、睡眠の周期を崩してしまいます

「睡眠の周期って何??」

と思うかもしれませんが、これはレム睡眠とノンレム睡眠の周期の話です。

(よく睡眠の周期は90分だと言われているやつです。)

(実際のところ、睡眠の周期には個人差があり、90分とは限らない。)

理想的で、質の高い睡眠は、この睡眠の周期が綺麗に整っているのです。

しかし、アルコールによって睡眠の周期が崩れると、

・うまく眠気が取れない

・ノンレム睡眠の状態から目覚め、寝起きが非常に悪い

などという悪影響を及ぼしてしまいます。

晩酌が原因で、次の日のパフォーマンスが落ちてしまうのは非常にもったいないですよね。

お酒が好きだからといって、多量のアルコール摂取をするのは控えましょう。

いびきや無呼吸を引き起こす

アルコールを摂取すると、リラックスできることはすでに説明しました。

しかし、

リラックスできる一方で、筋肉の弛緩が起きます。

アルコールの摂取によって筋肉が緩むと、

・いびき

・無呼吸

の原因となってしまいます。

その結果、取り込む酸素量が減少するため、

・眠気が取れない

・日中の集中力の低下

という症状を引き起こします。

・いびきがひどいことを認知している

・十分に寝たはずなのに日中に眠気が取れない

あなたの症状が上記のいずれかに当てはまっている場合は、夜のアルコールの過剰摂取が原因かもしれません。

あなたに身に覚えがあるならば、今すぐに夜の生活習慣の見直しをするべきです。

途中で目が覚めやすい

アルコールを摂取すると、睡眠の途中で目が覚めやすくなってしまいます。

その理由としては、

・アルコールの分解によって興奮して目が覚める

・アルコールによる利尿作用により、トイレへ行きたくなる

・チェイサーによる水分補給により、トイレが近くなる

ことが挙げられます。

ストレス解消や、スムーズな入眠のための晩酌がストレスや睡眠障害につながってしまっては意味がないですよね。

また、脳の学習により一度トイレへ行くために起きるようになってしまうと、次の日からも尿意で目覚めてしまう可能性が高まります。

睡眠中に目覚めてしまうことが習慣化する前に対策することをおすすめします。

血流が悪くなる

アルコールには血管収縮作用があります。

その結果として、血流が悪くなってしまいます。

血流が悪くなることによって、

⇨繊毛運動が抑制される

⇨鼻詰まりが起こる

⇨口呼吸になる

⇨口臭、免疫力の低下

というような悪循環を生み出してしまいます。

アルコールを飲むと鼻詰まりが起こったという経験はありませんか?

僕は飲み会などで何度も経験していました。

「アルコールに対してアレルギーでもあるのかな?」

と思っていたのですが、

「繊毛運動が抑制されていたのが原因だったのか!」

と認識できました。

睡眠中に鼻詰まりになったら、

「無意識のうちに呼吸は苦しくなっているんだろうな」

というのは言うまでもありません。

気をつけてくださいね。

リバウンド現象が起こる

アルコールを摂取した状態で眠ると、次の睡眠機会に長時間眠ろうとしてしまう現象が起こります。

アルコールは脳を麻痺させてしまいます。

そのせいで、アルコールを摂取した後の睡眠は、気絶したような状態になってしまいます。

この状況では、脳が能動的に睡眠をとっている場合と違って、アルコールが脳の機能をシャットアウトしているような状況です。

この睡眠は受動的なものとなり、脳は睡眠をとったことを認識しないため、次の日にリバウンド現象が起きてしまうわけです。

別にそんな状態になっていないという方は気にしなくても良いですが。

晩酌した次の日に眠気がひどくなる方は、リバウンド現象が起こっているのかもしれません。

そんなあなたは、アルコールの摂取量を少なくしましょうね。

習慣化しやすい

お酒を飲むことは快楽につながり、リラックスもできます。

それ故に、習慣化しやすいのです。

自分にとってストレス解消や娯楽の時間としてプラスの影響が多いことならば良いのですが、

悪い習慣にもなり得るのが飲酒です。

例えば、

「眠るために飲酒をする」

というあなたは注意が必要です。

アルコールの耐性が徐々にできてくるため、眠るために摂取するアルコールの量が増えてしまいがちです。

お酒の量が増えてくれば、デメリットで挙げた部分の影響が大きくなってきてしまいます。

もしも、眠るためだけに飲酒をしているのならば、違う入眠法を検討するべきですね。

習慣化されてしまうことは怖いものです。

眠気の発生も同じです。

まとめ

いかがでしたか?

夜の就寝前のアルコール摂取は要注意だということが認識していただけましたでしょうか?

上で説明したように、晩酌には

・リラックスできる

・入眠しやすくなる

というメリットもあるのですが、アルコールの量が適切でないと、

・睡眠の周期が乱れる

・いびきや無呼吸を引き起こす

・睡眠の途中で目が覚めてしまう

・血流が悪くなる

・リバウンド現象が起こる

などのデメリットがでできてしまいます。

また、快楽を得られる部分があるため、習慣化してしまいがちなのです。

もしも、

「アルコールによって自分の睡眠に何かしら悪影響を及ぼしているのでは??」

という認識があなたにあるならば、ぜひとも夜の生活習慣を改善していただきたいです。

あなたが晩酌を好んで行なっている場合も、アルコールの摂取量には十分に注意した上で、楽しんでくださいね^^

あなたの睡眠に関する悩みが少しでも楽になることを願っています。

【眠気のメカニズム】ヒトが眠くなるカギは深部体温を下げることだ「ヒトが眠くなるのと体温って関係があるのかな?」 「ヒトは体温が下がると眠くなるって聞くけど、何でだろう?」 この記...