アプリ開発

【スマホアプリ】flutterでページのタイトルをつける方法

こんにちは。マークです。

今回はflutterでページ(画面上部)のタイトルをつける方法をご紹介します。

ページ(画面)のタイトルをつける方法

ページのタイトルをつけると画面は以下の写真のようになります。

ページの上部にタイトルがついているのがお分かりでしょうか?

それでは、実際のコードを以下に記載します。(ほぼ初期コードのままです。)

import 'package:flutter/material.dart';

void main() => runApp(MyApp());

class MyApp extends StatelessWidget {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      theme: ThemeData(
        primarySwatch: Colors.blue,
      ),
      home: MyHomePage(title: 'こっちでもタイトルを決めれるよ'),
    );
  }
}

class MyHomePage extends StatefulWidget {
  MyHomePage({Key key, this.title}) : super(key: key);
  final String title;

  @override
  _MyHomePageState createState() => _MyHomePageState();
}

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {
  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      //↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      appBar: AppBar(
        title: Text("ページのタイトル"),
      ),
    );
  }
}

ページのはタイトルは12行目or32行目のtitleの中で決定することができます。

関連知識

ページのタイトル部分の青いところをappBarと言います。

このappBarを作るためには、ScaffoldというWidgetを使う必要があるのです。

Scaffoldはページのレイアウト作成に必ず用いるものです。

マーク
マーク
ページを作るための基本中の基本って感じ!!

そして、Scaffoldを用いることで、Googleが推奨している「マテリアルデザイン」を適用することができます。

(Scaffoldとは上記のコードの29行目の記述のことです。)

まとめ

これでflutterでのページのタイトルの付け方は理解できましたか?

あなたのflutterでのアプリ開発の第一歩を手助けできたらなと思います^^

 

次の記事では、

floatingActionButtonについて解説していきます!

floatingActionButtonとは、画面をスクロールしても右下についてくるボタンのことです。

+マークのボタンのことです。